育毛剤の副作用で一番注意すべきなのは、ミノキシジルという成分で肌の弱い人はその成分が入っていないかを気をつけて購入すると良いです。大切なことは、かゆみや炎症といった症状が出てきたらすぐ使用をやめることです。自分に合った育毛剤を慎重に選んで使うことが一番重要と言えるでしょう。

育毛剤の知恵袋

女性の育毛剤の副作用とは?注意したい成分や副作用以外のトラブルについて

投稿日:

男性が育毛剤を使うとEDになったり、頭皮があれたりといった副作用があると言われていますが

女性が育毛剤を使って副作用はないのか?

どんな成分は頭皮によくないのか?

女性が育毛剤を使うにあたって心配になることや疑問に答えて行きたいと思います。

女性が育毛剤を使う場合にも副作用はある!

女性用育毛剤にも実は副作用があるものがあるんです。

女性は男性よりも頭皮が弱いので影響を受けやすく、ホルモンバランスによっても体調が左右される場合もあり、副作用が出るかどうかは人によって様々です。

育毛剤を購入する際は含まれている成分を必ず確認してから購入するほうが安全だと言えます。

ではどんな成分に副作用があるのか見ていきましょう。

ミノキシジルという成分に注意する

ミノキシジルという成分が含まれているものに副作用が表れる場合があります。

ミノキシジルとは血管拡張薬として心臓病の患者に開発されたもので、血管が拡張する効果で血流がよくなり発毛効果もあることが分かったので、男女両方の育毛剤に使用されるようになりました。

副作用で報告されているものは、頭皮のかゆみやフケ・アレルギー・血圧低下・など。これらの副作用が出た場合はすぐ使用をやめてください。

女性用育毛剤でミノキシジルが入っているものは「リアップリジェンヌ」だけなので、アレルギーや肌の弱い人は気をつけるようにしましょう。

中でも特に注意しなければならないのが妊娠中の人、授乳中の人です。妊娠中から産後はホルモンバランスの変化で髪の毛が抜けやすく、育毛剤の使用を考えている人もいるでしょうが、育毛剤の注意書きにも使用は控えるように記載されているのでやめておきましょう。

注意すべきはミノキシジルという成分だけなのでしょうか?実は他にも副作用がある成分があるんです。

他にも注意すべき成分がある

アルコールやエタノールが入っているものは、皮膚があれってしまったり炎症を起こしてしますことも…

どちらも高濃度のものが配合されていると皮膚への負担が大きくかかってしまうので避けたほうが良いでしょう。

フィナステリドという成分も要注意です。

女性用育毛剤にはほとんど入っていることは少ないですが、冷え性になったり、妊娠中の女性が使用すると赤ちゃんに影響が出る場合があるので気をつけるようにしましょう。

ただ副作用があることを頭においておくことは大事ですが、日本で製造されているものでそこまで強い副作用のある強い薬品を使っているものはあまりないので、過剰に過敏になる必要はありません。

使用前に自分に合っているか気になる場合は、手の甲に薬剤を少し付けてみて変化を見てみましょう。少しでも赤くなったりかゆみが出るようなら、その育毛剤は自分の体質に合わないものなので使用をやめて下さい。

あと、医薬品と表示されている育毛剤は効果は高いですが副作用のリスクも高いものが多いです。リスクを避けるためには効果は少し薄くなりますが医薬部外品を選ぶと良いでしょう。

でもトラブルの原因は育毛剤に入っている成分だけではないんです。それ以外のトラブルとはなにか見ていきましょう。

安全な女性用育毛剤おすすめランキングはこちら

副作用とは別に頭皮へのトラブルも出るケースも

育毛剤をつけすぎてかぶれてしまったり、つける際に頭皮に爪で傷がついてしまい炎症を起こしてしまったなどのトラブルは多々見られるようです。

特に女性はホルモンバランスの変化などで、日々体調が変化し毎回同じ量ではトラブルの原因になりかねません。

これは使用する際の自分の力加減もあるので、ホルモンバランスの変動しやすい月経前後などは育毛剤の使用を少しやめてみたり、その日の体調に合わせて量を調節してつけるように注意しましょう。

皮膚が弱い人は無添加のものを選ぶ

どんなに注意しても、もともと皮膚が弱かったりアトピーを持っている、もしくは自分の体質に合わないなど気になることがある人には、「マイナチュレ」がおすすめです。

成分も無添加のものが使われており、ミノキシジルも入っていないので肌が敏感な方や妊娠中・授乳中の人でも安心して使用できます。評価も高く、低刺激・無香料でベタベタしない優しい使い心地です。

育毛剤だけ無添加のものを使っていても、シャンプーにたくさん添加物が含まれていては意味がないので、マイナチュレのシャンプーと併用して使うとより効果的です。

ヘアケア剤全般を思い切って無添加のものに変えてしまうのが、頭皮にとっては良い方法でしょう。

それでもやっぱり心配…そんな人には専門医へ

いくら無添加と行っても本当に自分に合うものなのか心配…という人は思い切って専門医へ行ってい見ましょう。

髪のトラブルで一番いけないことが、勝手な自己判断をしてしまうことです。病院へ行くことは少しハードルが高いかも知れませんが、思い切って受診してみて下さい。

お医者さんに現状を伝えてしっかりと見てもらうことで自分にあった薬を出してもらうことができますし、通院中頭皮トラブル等が起こってもすぐに相談することができるので、一番確実な方法と言えるでしょう。

育毛剤だけに頼っていては改善しない

最初に記載したようにストレスや食生活など日々の生活の仕方など、薄毛やボリュームダウンの原因は様々なのです。育毛剤を使っているから大丈夫と油断してはいけません。

夏などは紫外線が強くなり髪や頭皮に悪い影響を与えているので帽子を被るなど対策をしたり、寝る前に髪が濡れたまま寝てしまうと、頭皮に雑菌が繁殖し抜け毛の原因になるので必ずドライヤーで髪の毛を乾かすようにするなど、毎日の生活の見直しや頭皮を労った行動を心がけることが大切なのです。

頭皮を意識した生活を送ることで、あなたの必ず髪の毛は改善するでしょう。

-育毛剤の知恵袋

Copyright© 女性の薄毛対策・育毛ブログ , 2018 All Rights Reserved.